トップ / 歯科に関して知りましょう

歯科に関して知りましょう

歯科の基本の常識

歯科医院の定期検診で歯磨き指導

歯科医院では、歯の定期検診の際に歯磨き指導をしてくれます。これは患者さんの歯の状態により指導内容はさまざまですが、普段使っている歯ブラシを持参して行われることがあります。そのときに歯ブラシの大きさや硬さなど、歯の状態に適しているかなどもチェックしてくれます。磨き残しの多い箇所や、目で確認することが困難な奥の歯などの磨き方を、丁寧に指導してくれます。歯ブラシだけでなく、フロスなどを使用する方法も教えてくれるため、歯科医院での歯の定期検診は、とても重要なものになるため健康な歯を維持するために、受けてみるのも良いでしょう。

歯科定期検診で受ける歯磨き指導

歯の形や大きさ、歯並びはひとりひとり違っています。ですから汚れが溜まりやすい場所や磨きにくい場所は人によって変わってきます。よって、一番効率よくプラークなどの汚れを落とす歯磨きの方法も千差万別です。歯科の定期検診を受けると、治療の必要な箇所がないかどうかのチェックやPMTCと呼ばれる歯科専用の器具を使った歯のクリーニングと合わせて歯磨き指導を受けることができます。歯磨き指導では、最初にプラークが残っている部分を薬液で染め出してからいつもの歯磨きの癖や磨き残しについて説明してもらえます。汚れが残っていた部分は自分では磨きにくい場所なので、その部分を効率よくきれいにする歯ブラシのあて方やフロスまた歯間ブラシの使い方などもアドバイスしてもらえます。

↑PAGE TOP