トップ / 歯科の基礎を知ること

歯科の基礎を知ること

歯科の基本の学び

歯科医院で定期検診を受ける

虫歯になったら歯医者さんへ行って、虫歯を削り、詰め物をするというのが従来の考え方でした。しかしテレビCM一つとっても、虫歯予防、歯周病予防、知覚過敏を予防などと謳われ、現在の主流は、予防歯科へという流れになってきました。虫歯や症状が出て痛くなってから行くという考え方から、悪くならない様に通うという考え方へと変わってきました。虫歯や歯周病の場合、初期の段階では痛みもなく、自分ではなかなか気付きません。気が付いた時には進行していることが多いのです。それを防ぐ為に、歯科医院でお口の中全体をチェックし、きれいにクリーニングする定期検診が大事になってきました。

歯科定期検診のクリーニング

歯科の定期検診では、虫歯や歯周病のチェックとともに歯のクリーニングを受けることができます。このクリーニングは、PMTCと言って専門的な口の中のお掃除です。歯科のPMTCでは、コーヒーやお茶の色素が沈着したステインや普段の歯磨きだけでは落としきれていないプラーク、プラークに唾液のカルシウムが結合してできた歯石などを取り除きます。歯の汚れは超音波やエアーを組み合わせて落とし、研磨剤とブラシで丁寧に歯の表面を磨いていきます。歯と歯の間に残っているプラークや歯石はスケーリングといった専用の器具を使って取り除きます。また歯茎の内側や歯根部分など、歯ブラシが届かない部分に溜まっているプラークや歯石もルートプレーニングといって器具を使ってかき出します。

↑PAGE TOP