トップ / 歯医者さんに行く目的は

歯医者さんに行く目的は

歯医者に通うには

歯医者は歯科だけでは無いほど

歯医者さんは単に虫歯を治してくれたり、歯が無くなったら入れ歯などをしてくれるだけのところではないのです。虫歯ではなくても歯並びが悪いだけでも、それで身体全体に影響を与える場合があるのです。噛み合わせが悪くて栄養が上手くとれなくて栄養不足になったり、姿勢が悪くなったり、話しをする時に空気が漏れて聞き取りにくい言葉を話したり、ひいてはそれが人との関わりを消極的にしてしまったりなど、身体のみならず心にまで関係してくるほど歯科は大切なところです。歯医者へ行くのは歯が痛むような時悪だけではありません。

歯医者が使用する機器について

歯医者でも年齢を重ねていくと老眼が入って来たり、ルーペやマイクロスコープを使用して視野の拡大を行ったりしていないところは要注意です。実績や経験により、技術の腕や原因を突き止める知識は大切なものになりますが、道具の内容によって精密な治療を行っていただけているのかを確かめることが出来ます。肉眼では見えない歯の表面を確認することで、小さな虫歯や施工でさえも除去することが可能となるためさまざまな道具を用いる歯医者をおすすめします。

↑PAGE TOP